引越し

引越し

面倒な引越しの手続きを効率よくこなす方法、引越し挨拶の仕方や礼儀作法について説明しています。

引越し > 引越し

引越し 手続き

引越し前に行う手続きチェックリストを作成しておくといいです。
主な項目は重要なのもから順に
 1.転出届
 2.電気・ガス・水道(1~2週間前)
 3.郵便局へ転居届(1~2週間前)
 4.固定電話(2週間前)
 5.インターネットプロバイダ
 6.新聞・牛乳
 7.転校手続き

他にも携帯電話、NHK、スカパーなどがありますが、どれも事前に手続きをすることができるので前倒しで行なっていきましょう。
2番の電気・ガス・水道について、最近はホームページで手続きすることができるところもあります。あなたのお住みの地域でも可能か確認してみてください。


また、引越しの際に家財、家屋、人身に損害があった場合には補償が受けられることが法律で定められています。3ヶ月以上経過するとこの補償が受けられない場合がありますので気づいたらすぐに業者さんへ連絡しましょう。なにかトラブルになってしまった時は以下の機関で相談されてくださいね。

全国の消費生活センター等_国民生活センター
全日本トラック協会 | Japan Trucking Association
関東運輸局ホームページ

引越し 挨拶

お引越しの挨拶について、アパートなど集団住宅の場合基本的には両どなりと上下のお部屋に挨拶をします。個別住宅、分譲住宅なら隣接するおとなりさんに挨拶をするというのが礼儀です。


旧居でのお別れの挨拶は前日から一週間前。粗品を持っていく必要はありませんが「長い間お世話になりました。明日引っ越すことになりました。作業中ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いいたします」などときちんと挨拶をします。

転居先では翌日までには挨拶を済ませておきたいです。粗品は千円程度で十分。タオルやクッキー、石鹸などそれほど凝る必要はありませんが生ものだけはやめておきましょう。留守の場合は簡単な挨拶文を添え、郵便ポストへ入れておくといいです。「私、○号室に越してきた○○と申します。○○日は引越作業につき、ご迷惑をおかけいたしました。これからよろしくお願いいたします」のような感じでいいと思います。
引越しの挨拶では転居先のことばかりに目がいってしまいがちですが「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように旧居での最後の印象も大切です。できるだけ早めに挨拶し、引っ越しの日程と作業当日に迷惑をかけることを含めて伝えておけば完璧です。


ここまでは主な手続き、基本的な挨拶について書きましたが業者選びの方はお済みでしょうか?
業者と言っても大小さまざまで条件にピッタリ合うところを探しだすのはとても面倒です。そんな時に役立つのが一括見積もりサイト。一度の手間で複数社の見積もりが分かるので費用も時間も節約することができますよ。

1位 引越し価格ガイド

引越し価格ガイド【公式】

利用者の数が多く、紹介件数が1,100万件を超えるという引越し価格ガイド。200社以上もの業者さんの中から10社まで無料で一括見積もりをお願いすることができ、最短1分で料金相場がわかります。提携業者数がが多いので直前の引っ越しでも業者さんを見つけやすいかと思います。利用者の95.2%がまた利用したいという引越し価格ガイドは次の4つの理由があるそうです。【最短1分の簡単入力】 【見積比較で最大50%安くなる】 【24時間利用可能】 【お得な特典が満載】

引越し価格ガイド【公式】

2位 tadazo

tadazo【公式】

tadazoは個人情報の登録なしで各社の概算料金を知ることができ、業者さんと直接チャットすることができます。個人情報を伏せたまま業者さんと直接チャットが可能なので気軽に交渉できるのではないでしょうか。また、引っ越しと同時にインターネット回線やウォーターサーバーを利用することで引っ越し料金を上回る現金をゲットすることもできることもあるそうです。24時間いつでも利用可能で10社から20社の見積もりを代行してくれます。

tadazo【公式】

3位 引越し侍

引越し侍【公式】

引越し侍で見積もりをお願いすると料金が最大50%安くなる可能性が。一度の見積依頼で複数社の業者へ同時に依頼することができるので時間のない方にオススメのサービスです。サービスサイトでは大手業者ランキング、地域密着業者ランキングが紹介されていますが、その提携業者数は全国190業者以上。190業者の中から最大10社までの見積もりを紹介してくれます。2014年8月31日まで「夏の大感謝祭」開催中で最大10万円のキャッシュバックが受けられます♪

引越し侍【公式】

引越し トップへ戻る
seo great banner